ムカシムカシ
こんにちは。橋蔵です。

ムカシムカシ。フィルムカメラの時代。色合いはベルビアは青が深い。プロビアはどうだ。コダックはどうだ。とフィルムの特性に頼っていた時代。高額なフィルムスキャナーを購入しないとPCで見ることもままならない時代。暗めの部屋でライトボックスとルーペでポジを確認していた時代。36枚撮りのポジフィルム800円。現像800円。シャッター1回あたりのコスト45円の時代。ほとんどの写真はトリミングも色加工もされずに使われていた時代。ハゼが巣穴へ引っ込んでしまわぬようゆっくりゆっくりゆっくりゆっくり間合いを詰めて、引っ込まないでくれぇ〜と祈りながらシャターを押していた時代。細かな露出補正は深い深い経験が必要な時代。翌週に現像が上がってきて初めてプレビューができた時代。


デジタル全盛期の時代。露出も色合いもあとからPC・スマホで納得がいくまで調整。wifi・ブルートゥースでカメラからメディアすら取り出さずにPC・スマホへ高速転送。高画素のCMOSのおかげでトリミングもしほうだい。ハゼも遠くから撮り放題。SDカード集積化1GBあたり100円以下かつ撮影直後のプレビューで納得が行くまで何百枚でも撮影可能。良い時代になりましたー。ピンボケフォーカスだけは後から直せない。と思われていましたが、後から被写界深度が変えられるテクノロジーが出現したもよう。この機構が一眼レフに搭載される日も来るのでしょうか。ますますすごい時代になりそうです。



b0070258_18551451.jpg
加工後



b0070258_18582336.jpg
加工前




橋蔵



[PR]
by CC-hashizo | 2017-08-29 19:41
<< ホームページと店舗の名前につい... 俺とマンタとユーカクチャネル >>


以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧