<   2006年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧
the days of イレズミフエダイ!!
2006年5月25日

はい。いってきました。イエローウォール。結果はというと、、、、下の写真を見て下さい!!
釣りで言ったら爆釣です!!お笑いて言ったら爆笑です!!暴走族で言ったら獏走です!!

b0070258_1151734.jpg


いったい何匹写っているんでしょうか。。お時間のある方ちょっと数えて教えてください!!

1本目は、チョイ流れ。余裕で探し始めること4分ほどで、リーフを埋め尽くすほどの群れが視力の限界に見え出し、脅かさないよう細心の注意を払いながら近づきますが、さすが、警戒心パラオNo.1。距離が詰まっていきません。「おりゃ~~~~」とフィンキックするや、イレズミフエダイも「おりゃ~~~~~」と逃げていく始末。そうか、そうくるかと今度は、「そ~~~~~~っと」近寄ってみるとイレズミフエダイも「そ~~~~~~~っと」逃げていく。もうどーにもなりまえん。。


私、考えました。イレズミフエダイに近づく2つの方法。

1、水中スクーター(リチウムイオンバッテリーモデル)を2器がけで、高速で追いかける。
2、CCR(クローズドサーッキットリブリーザー)で泡をださずに忍び寄る。


40匹に1匹くらいの割合で体が20%ほど大きく、イレズミの濃い個体がいるのですが、もしかしたら雄の個体なのかもしれないですね。


今年の春のイレズミアタックは、これにて終了ですが、また秋になったら行きましょう。
また、秋に会いましょう。また、秋に会いましょう。また、秋に会いましょう。



はしぞう。
[PR]
by CC-hashizo | 2006-05-27 12:03
The DAYS OF イレズミフエダイ
2006年5月23日

「THE DAYS OF イレズミフエダイ」 ??
なんですか??それ??

イレズミフエダイとは、パラオでもほっんと珍しいフエダイです。僕が始めてその生物と出会ったのは、今からかれこれ7年前。1999年の秋でした。当時、パラオへ来たばかりの僕は、なんとかパラオのダイビングポイントを覚えようと毎日毎日海へ出ていたころでした。ちなみにそのころはショップの中に住んでいたんですよ。

そんなある日、ナイト希望のお客さんと二人で「ピンチャス」へ行きました。このポイントは砂地で水深5mほどの「初めてナイト」な人には最高のポイントでした。

そんなときに、ライトの前を黄色と青のストライプのきれいな魚が、「すすすぅー」と横切ったのです。背びれとしりびれがなが~く伸張していて、誰が見ても

「んーーーーー?!」

な容姿です。あとで図鑑で調べたら、それは、イレズミフエダイの幼魚で内湾などで見られるとのことでした。いいもの見ました。

さて、このイレズミフエダイは、通常はまったくお目にかかることがありません。秋と春の大潮の少し前にだけ、シャークシティーとイエローウォールに異様なほどの大群として僕らの前に姿を表すのです。

その数は、、どうでしょう、、、クルーズコントロールの桟橋からシャンデリアケーブ入り口まで全~部、イレズミフエダイ!!という感じの大きさ。

そして、今年は、5/27が新月ですから、今年最後のチャンスは、5/25だろうと思います。そこで、新企画「DAYS OF イレズミフエダイ」です。この日クルーズコントロールは、ペリリューイエローウォールでイレズミフエダイを狙います!!


そして、月刊ダイバーで担当している来月のカラー2Pは、「やつ」で行く予定です。


さてさて、どんな絵が撮れますやら。。。。あさってが楽しみです。。


はしぞう




b0070258_0281923.jpg

[PR]
by CC-hashizo | 2006-05-24 00:28


以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧