<   2008年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧
バナナの木について
2008年10月17日 晴れ


今日はバナナについて新事実を教えてもらいました!!


本日、1500本目を迎えるお客様がいらっしゃいましたので、なにか記念になるものを探していたのですが、なかなかこれ!!というものが、見当たらず、ワニをつれてきていっしょにダイブしてもらおうかとか、、いろいろ考えたのですが、、、、午後になってはっと!!思いつきました。



「記念日バナナ」




昔、そんな小説がありましたが、それは関係ないのです。。。



さてさて、バナナの木は、普段よく目にしていますし、むしろ、視界にいれずに生活することはたぶん不可能なパラオ。実がなっているバナナなんざ、15分もありゃーみつかるべ。。なんてタカをくくっていたのですが、これがなかなか。。



時期的なものなのか、いつもはちょくちょく見かけているであろう「なっている木」が、ない。。

ほんと、ない。。

車で走り回ること2時間。。


やっとみつけたました。「なっているバナナの木」。パラオ人のタカオさんの庭に生えていました。

そして、ダイブ後に、記念日のお客さんといっしょに収穫に。


b0070258_19521365.jpg




今日、タカオさん(パラオの方)に教えてもらったこと。



バナナというものは、リンゴの木のように実(フルーツ)をもぎ取っても、また来年には同じ木に実がつく。。。。のだと思っていました。


が、、、、


今日、知ったことは、バナナの木というのは、たとえばトウモロコシといっしょで成長過程で1回しか収穫ができないということ。実の部分だけを切り取っても、もう一度実がなることはないのだそうです。知っていました?


ということは、バナナは野菜ということですね?

あっーーーだから、フィリピンの人は、フライパンでいためて食べるんだ!!


野菜だったんだなー。



というわけで、幹の部分からばっさーーーと切りました。。


こうすることで、また新しい木が育つのだそうです。


はしぞー
[PR]
by CC-hashizo | 2008-10-17 21:10


以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧